白ニキビ 面皰圧出 男性ホルモン

白ニキビとホルモンバランス

白ニキビはコメドとも呼ばれ、白くて小さく固い角質に覆われた形状のニキビです。
これは思春期の頃にできる赤ニキビとは違い、30代頃からでき始める所謂大人ニキビです。
なぜ白ニキビができてくるのかというと、その大きな原因として男性ホルモンの分泌量が増えるということが挙げられます。
30代に差し掛かる頃はホルモンバランスが崩れやすく、女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増えてくる傾向にあります。
これはある程度すれば落ち着くことが多いのですが、テストステロンが増えると男性の髭が生えるあたりであるあごや頬を中心に皮脂分泌が盛んとなり、そこに菌が繁殖しやすくなるのですね。
ですから、白ニキビを根本から治療しようと思えばホルモンバランスを整えるということが有効な対策となってきます。
自分で手軽にできる方法としては、テストステロンの分泌を抑えるサプリを摂取することです。
おすすめなのはノコギリヤシというサプリメントで、男性型脱毛症などの方にもよく利用されているテストステロン抑止効果があるとされるサプリです。
また、女性ホルモンを増やす効果があるとされるプラセンタや、女性ホルモン様の働きをするイソフラボンも併せて摂取するとよいでしょう。

面皰圧出による白ニキビ治療とは

それでは具体的に、今できている白ニキビを治療する方法についてですが、最も手っ取り早い方法として面皰圧出が挙げられます。
これは皮膚科で保険適用で受けられる治療であり、一番早く白ニキビを治すことができます。
どういう方法なのかというと、とてもシンプルなのですが、専用の器具を用いてコメドの中の角栓を外に押し出してしまうのです。
簡単に言うと、綺麗につぶしてしまうということですね。
しかし、潰すというのはニキビ治療にとって禁忌なのではないかと思われる方が多いでしょう。
確かにつぶすと痕がひどくなる、悪化するといったことがよく聞かれます。
ただこれは自分で適当につぶしてしまった場合のことであり、医師に施術してもらえばきちんときれいに治ります。
そもそも悪化や痕が残るというのは、雑菌が入ったり下手に傷をつけてしまうからであり、専門の器具で専門の医師が施術すればそんな心配はありません。
ただ、面皰圧出はやはり潰すということなので、痛みは伴います。
あまりにも大量にできている場合は、白ニキビの数だけ痛みを伴うので辛いかもしれませんね。
この方法が使えるのは白ニキビの状態のときだけであり、赤ニキビに発展してしまうとできません。
悪化しないうちに医師に相談するようにしましょう。